Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics accepted for Research and Practice in Technology Enhanced Learning (Springer)

Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics,” Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Springer, pp.1-20, 2018. (to appear)(invited by ICCE 2017 committee)

スマートエスイーセミナー: ゴール指向&データ駆動要求戦略セミナー

スマートエスイーセミナー: ゴール指向&データ駆動要求戦略セミナー
https://smartse.jp/information/2018/0526151754/

複雑さと不確実さを増す今日のITシステムの開発と運用において、 適応的に
正しいITシステムを正しく提供し続けるためには、 ゴール指向(目標指向)
およびデータに裏打ちされて調整しつつ新たな可能性を探索するデータ駆動の
戦略・要求分析が必要です。 そこで本セミナーでは、ゴール指向とデータ駆動
に基づく要求工学および周辺を深く扱います。具体的にはゴール指向要求工学、
エンタープライズアーキテクチャ、GQM+Strategiesおよびデータ駆動ペルソナ
を扱います。

本セミナーは、AI/IoT/ビッグデータ×ビジネスの社会人教育事業enPiT-Pro
スマートエスイーにおける活動に関連した公開セミナー第1弾として、様々な
組織と連携し実施します。ぜひご参加ください。

日時: 2018年6月29日(金)17:30-19:30, 懇親会 19:30-20:30
場所: 東京 霞ヶ関ビル 20階 CTCセミナールーム
http://www.ctc-g.co.jp/about/corporate/access/kasumigaseki.html
参加費: 無料(懇親会は2000円程度の実費予定)
参加申し込み: https://smartse.jp/information/2018/0526151754/
共催:
文部科学省社会人教育事業enPiT-Proスマートエスイー
早稲田大学GSELゴール指向経営研究会
協賛・後援(依頼中含む):
NPO法人トップエスイー教育センター
情報処理学会ソフトウェア工学研究会
 情報処理学会ソフトウェア工学研究会要求工学ワーキンググループ
日本ソフトウェア科学会ソフトウェア工学の基礎研究会
日本ソフトウェア科学会機械学習工学研究会
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会

プログラム(予定):

17:30-17:35 オープニング
鷲崎弘宜(早稲田大学/NII/システム情報/エクスモーション、スマートエスイー代表)

17:35-18:25 基調講演: ゴール指向要求工学とエンタープライズアーキテクチャ
山本修一郎(名古屋大学)

18:25-18:45 解説: GQM+Strategiesによるゴール指向戦略入門
新谷勝利(早稲田大学)

18:45-19:05 事例: ゴール指向による組織目標管理の事例紹介
野村典文(CTC伊藤忠テクノソリューションズ)

19:05-19:25 講演: データ駆動ペルソナとそのサービス適用(ICSE 2018 NIER)
渡邊泰宏(早稲田大学)

19:25-19:30 クロージング

M2 Yasuo Watanabe presented our paper titled Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development at ICSE 2018 NIER Track.

At ICSE2018 NIER track, Yasuo presented our paper titled Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development, which is the result of joint research with e-Seikatsu.

Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki, Takayoshi Suzuki, Takayoshi Suzuki, “Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development,” 40th International Conference on Software Engineering (ICSE 2018)(CORE Rank A*), New Ideas and Emerging Results (NIER) Track, May 27 – 3 June 2018, Gothenburg, Sweden

Evaluating the degree of security of a system built using security patterns, accepted for FARES 2018

Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Evaluating the degree of security of a system built using security patterns,” The 13th International Workshop on Frontiers in Availability, Reliability and Security (FARES 2018), in conjunction with the 13th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES 2018), August 27 – August 30, 2018, Hamburg, Germany

Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context accepted for QRS 2018 (CORE Rank B)(acceptance rate 33/171 =19%)

Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yuichiro Yasuda and Shunsuke Sugimura, “Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context,” The 18th IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2018), July 16 – 20, 2018, Lisbon, Portugal (CORE Rank B)(acceptance rate 33/171 =19%)

Improved Searchability of Bug Reports Using Content-based Labeling with Machine Learning of Sentences accepted for JCKBSE 2018

Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Keishi Ooshima, Ryosuke Tsuchiya, “Improved Searchability of Bug Reports Using Content-based Labeling with Machine Learning of Sentences,” 12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE’18), August 27-30 2018, Ionian University, Corfu, Greece

スマートエスイーが雑誌「カレッジマネジメント」に取り上げられました

リクルートさんの雑誌「カレッジマネジメント」最新号 人生100年時代の社会人教育にてenPiT-Proの紹介があり、その中でもスマートエスイーが大きく取り上げられました。ぜひご覧ください。

成長分野を支える情報技術人材の社会人教育 – enPiT-Proの狙いと取組みリクルート カレッジマネジメント、210号、2018年5-6月