おすすめ投稿

配属先研究室を検討している現3年生(2020年4月 新4年生)ならびにプロジェクト研究検討の皆さんへ

下の日時にオンラインで教員や学生から研究内容や研究室の様子を紹介し、さらに皆さんからの質問に教員や学生が答えますので、以下のリンクをクリックしてぜひ気軽に参加してください。加えて個別面談希望に対応できますので、希望者は washizaki[at]waseda.jp まで連絡してください。また、LINE 上で鷲崎教授や研究室大学院生が質問を受け付けますので、気軽に質問してください: 鷲崎研 LINE 質問箱 。また以下にあげる研究室紹介や動画も参考にしてください。

Washizaki-lab will hold virtual open house on Mar 20th and 23rd 1:00pm/3:00pm. Everyone is welcome. Also feel free to ask any question or individual visit request at washizaki [at] waseda.jp

Virtual Open House 1: Mar 20 1:00pm and 3:00pm @ Skype for Business
Virtual Open House 2: Mar 23 1:00pm and 3:00pm @ Skype for Business

鷲崎研究室 Washizaki laboratory: 日本語資料Laboratory Introduction、プログラミング言語・環境、システム&ソフトウェア設計・再利用・品質保証・セキュリティ、AI・クラウド・IoT、プロジェクトマネジメント、組織目標・戦略、情報システム・プログラミング教育

  • Keywords: Programming Languages and Environments, Systems and Software Design, Reuse, Quality Assurance and Security, AI, Cloud and IoT, Project Management, Organizational Goals and Strategies, Information Systems and Programming Education

Usability of Software-Intensive Systems from Developers’ Point of View – Current Status and Future Perspectives of International Standardization of Usability Evaluation, accepted for HCI International 2020

Toshihiro Komiyama, Shin’ichi Fukuzumi, Motoei Azuma, Hironori Washizaki, Naohiko Tsuda, “Usability of Software-Intensive Systems from Developers’ Point of View – Current Status and Future Perspectives of International Standardization of Usability Evaluation,” 22nd International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2020), AC Bella Sky Hotel and Bella Center, Copenhagen, Denmark, 19-24 July 2020

Commit–Defect and Architectural Metrics–based Quality Assessment of C language, accepted for ENASE 2020 (CORE Rank B) short paper

Devansh Tiwari, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tomoyuki Fukuoka, Junji Tamaki, Nobuhiro Hosotani, Munetaka Kohama, Yann-Gael Gueheneuc, “Commit–Defect and Architectural Metrics–based Quality Assessment of C language,” 15th International Conference on Evaluation of Novel Approaches to Software Engineering (ENASE 2020), short paper, PRAGUE, CZECH REPUBLIC, 5-6 May, 2020 (CORE Rank B)

M2 石塚君、情報処理学会ソフトウェア工学研究発表会にて学生奨励賞受賞

石塚 凌,津田 直彦,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学),杉村 俊輔,保田 裕一朗(小松製作所), リファクタリング支援を目的としたコードクローンの優先順位付けと可視化”, 情報処理学会 第204回ソフトウェア工学研究発表会, 2020/3/2-3

AI・IoT×ビジネスの社会人教育スマートエスイーは文部科学省中間評価で最高評価”S”

AI・IoT×ビジネスの社会人教育スマートエスイーは文部科学省中間評価で最高評価”S”を頂戴しました。講師や事務局、連携大学、企業等ご参画、また修了生の活躍が大きいものがあり深く御礼申し上げます。より一層より良いものとなるよう丁寧に取り組んでまいります。 #SmartSE

北國新聞の昨日の朝刊1面にて昨年に始まったスマートエスイーコンソーシアムによるAI・IoT人材育成の石川県展開

北國新聞の昨日の朝刊1面にて昨年に始まったスマートエスイーコンソーシアムによるAI・IoT人材育成の石川県展開を大きく取り上げていただきました。詳しくは朝刊をご覧ください。引き続き各方面との連携しつつ丁寧に取り組んでまいりたいと思います。#SmartSE

鷲崎教授が浜松HEPTフォーラムにて「超スマート社会時代の技術とenPiT-Proスマートエスイーにおける人材育成」講演、静岡新聞・浜松ケーブルテレビ ご紹介

鷲崎教授が浜松HEPTフォーラムにて「超スマート社会時代の技術とenPiT-Proスマートエスイーにおける人材育成」と題し講演。1月30日の静岡新聞 朝刊にてご紹介いただきました。また、浜松ケーブルテレビ 2月3日(月) ウィンディニュース さんちょく! にて紹介いただけるそうですのでぜひご覧ください。

Improving Syntactical Clone Detection Methods through the Use of an Intermediate Representation accepted for IWSC 2020

Pedro Caldeira, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Takahisa Shimada, “Improving Syntactical Clone Detection Methods through the Use of an Intermediate Representation,” 14th International Workshop on Software Clones (IWSC 2020), 18 February 2020, London, Ontario, Canada, in conjunction with SANER 2020