dsc_4637本調査研究およびイベントでは、開発元が公式でプログラミングの概念や方法の教育および学習環境としてリリースしているものを調査対象として扱います。具体的には本イベントで以下のプログラミング学習ツールをご紹介する予定ですが、予告なく変更になる可能性があります。また、本イベントは早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所と株式会社フジテレビKIDSとの共同プロジェクトの一環として実施します。およそ50種類のプログラミング学習ツールを調査した結果、ならびに、過去の開催においてワークショップの実施を通じて実験的定量的に調査した結果について詳しくは ツール調査資料 をご参照ください。

展示・体験スペース

展示スペースにて自由に体験いただけるプログラミング学習ツールをご紹介いたします。() 内はブース出展者名です。(敬称略)

ArtecRobo (株式会社アーテック)

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9c
%e6%81%90%e7%ab%9c

プログラミングソフトを使って、ロボットを動かす体験ができます。アーテックのオリジナルブロックで車型ロボットを作り、ミッションをクリアするためのプログラムを考えます。
画面上でプログラミングするだけでなく、実際にロボットを動かせるチャンス!
ロボットの動きをみながら、プログラムを調整してミッションクリアを目指そう!

アルゴロジック (一般社団法人電子情報技術産業協会)

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b4

litleBits (株式会社デジタルハイク)

17203765_1435484093192005_1783761708_n

litleBitsはアンプラグドな電子工作から、Arduinoを使ったプログラミング、さらには自作モジュールを開発してクラウドネットワークへ接続するなど、非常に高度なIoT/M2Mへの展開が可能なツールです。

PETS(株式会社 For Our Kids)

logo_block_color-01
pets%e6%9c%ac%e4%bd%93
いろいろな方向のブロックを背中に挿し込んで、命令された通りに動くプログラミング学習用のロボットです。マス目の書かれたシートの上を、スタートからゴールまで、時には障害物をよけながら目指します。PETSはパソコンもタブレットも使わず、プログラムを触って、動かして、覚えます。子供たちがはじめてプログラミングに触れるときには、こんな形がいいな、とみんなで考えて作りました.

 

PROCK (株式会社アヒル)

prock_logo

 

PROCKは、ブロックを組み合わせて直観的にプログラミングを学習できるサービスです。
操作が簡単なので、小学生から始めることができます。
作成したアニメーションやゲームをクラウドに保存し、家族や友達とシェアすることもできます。
また、学校や塾でも無料でご利用いただけます。

 

Hour of Code (イトナブ)

hourofcode_logo_rgb

 

ichigojam (PCN仙台)

ichigojam

 

ichigojamはBasicでプログラミングをすることができる小型のコンピュータです。

 

Pyonkee (CoderDojo)

pyonkee_logo

 

LEGO マインドストームEV3(機材提供:株式会社アフレル)
OSMO Coding
Robot Turtles
(G7プログラミングラーニングサミット実行委員会)

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a0%e2%91%a1
%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%ba
%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%83%a2000

ワークショップ実施ツール(予定※)

ワークショップの参加は、事前申し込み制となっております(予定)。

ツール名 基本情報 概要 時間
OSMO Coding Tangible Play, Inc.(アメリカ)、タンジブルツール 手に取って触れるブロックを組み合わせてプログラミングします。自分で作ったプログラムでゲームをクリアして、プログラミングを学びます! 10:00 – 11:30
Robot Turtles Robot Turtles LLC(アメリカ)、アンプラグドツール。 4人まで一緒にプレイできるボードゲーム。紙でできた駒と盤面を使ってプログラミングをし、ゴールを目指します! 16:00 – 17:30
アルゴロジック JEITA (日本)、ゲームソフトウェア 与えられた課題(パズル)を解くことでアルゴリズムを学習することができるゲームソフトウェア 14:00 – 15:30
レゴ マインドストーム EV3 レゴグループ (デンマーク)、物理ロボット レゴブロックと組み合わせてオリジナルのロボットを作ることができるツールです。レゴのプログラミングブロックやモーター、センサーを組み合わせることで、様々な動作をさせることができます。 10:00 – 11:30
PETS 株式会社 for Our Kids(日本)、物理ロボット いろいろな方向のブロックを背中に挿し込んで、命令された通りに動くプログラミング学習用のロボットです。
マス目の書かれたシートの上を、スタートからゴールまで、時には障害物をよけながら目指します。
PETSはパソコンもタブレットも使わず、プログラムを触って、動かして、覚えます。
子供たちがはじめてプログラミングに触れるときには、こんな形がいいな、とみんなで考えて作りました。
12:00 – 13:30
PROCK 株式会社AHIRU(日本)、ビジュアル言語・環境 PROCKは、ブロックを組み合わせて直観的にプログラミングを学習できるサービスです。操作が簡単なので、小学生から始めることができます。作成したアニメーションやゲームをクラウドに保存し、家族や友達とシェアすることもできます。また、学校や塾でも無料でご利用いただけます。 12:00 – 13:30

*予告なく変更になる可能性があります。

その他、研究対象ツールの選定方法や基準などは調査報告資料よりご覧いただけます。